veu point!

おもしろい!と思ったことをあれやこれや記事にしてみます!

とりま楽しも!(とかコミュ論。笑)

先に書いた「で、どうする」思考は相変わらず。

そんで「どうでもいいや」思考も大事だなー、って思ってたところで、まさに出会った

まねきケチャ「どうでもいいや」。

https://m.youtube.com/watch?v=XsCoNLW_-AI

 

この曲は、思考の丸投げを勧めるんじゃなくて、色々うにゃむにゃ考えちゃってどうにも動けなくなってる人が、とにもかくにも一歩踏み出せるように、て背中を押してくれる。

 

とにもかくにも一歩。

どうせ選ぶならやらない後悔よりやる後悔。

やってみた結果、思い浮かんでくる疑問を晴らしていけば、なんか昨日とまた違った見方ができたり、、できなかったり。笑

 

気になった地下アイドルの現場に単身で初めて行ってみた。先輩方の「誰コイツ」って目線は多少あったものの、別に「新参きえろや」になるわけでもなく。。

そう、世間はお前が思ってるほどお前に興味ねえよ、って話で。そんなん分かってる、って思ってんだけど拭いきれてなくて。

 

そうだよね、ふさぎこむと自分との対話ばかり増えるから、自分という相手、つまり自分自身がすごい大事な存在になってて。

自意識過剰。

自分を大事にするのは大事だけど、プライドとか傷つきたくない、傷つけられたくない、ってのもすごい強くなっちゃって。

 

よく自己中すぎる人についてコミュ障っていうけど、その逆に、相手に合わせ過ぎてしまうのも充分コミュ障と言えると思う。

 

人と自分は違うのだから、共感できない部分が出てきて当たり前。なにかねらいが合ってあえて合わせていく、というのもあるんだろうけど、基本的に自分の感覚と合わないのだから摩擦というかストレスがあって当たり前。

ストレスかかるのを減らす意識で共感を演じることがあるけど。「わかるー」「だよねー」「それな」とか。

「共感が多い」ってなると親和度は増すだろうけど、、基本的に相手と自分は違うということを忘れて、あわててそれをしようとすると、、そもそも合わせることに気疲れするのに、感覚の違いを再認識しあい修正しようとすることに気疲れする。ひどい場合は、「そんな人だと思わなかった」なんて傷つけ傷ついたり。

相手に合わせ過ぎるのはむしろ自尊心がすごく強いのかも。ちょっとの摩擦でさえ回避しようとする、てことは、傷つきたくない意識が、ものすごく強いってことでしょう。

でもコミュニケーションでは多少の摩擦が起きて当たり前なんだから、当たり前じゃないことを続けようとすれば、それはそれでストレス(摩擦)だよ。

 

それから、その時だけの付き合いだと思ってテキトーにしちゃってたら意外にも、あとでくっつかざるをえない状況になって気まずいとか。笑

 

あと勇気だして本音を伝えたものの、言葉が足りないのか、相手の理解が足りないのか、100%伝わってないとかもある。。これも話が別かもだけどあるある。100伝えてまさしく100受けとる他人って、ごく親しい友人でも難しい。

動く前に考えすぎて期待しすぎ。

 思い通りにいくように準備は大切。

けど、基本はなかなか全部うまくはいかない。それでいい。

 

SNSとかで簡単にコミュニケーションがとれるようになったから、なんだ意外にコミュニケーション楽勝じゃん、ってなんとなく錯覚しちゃうけど。

コミュニケーションをしっかりとってゆく、って中々奥が深い。ファボられたり、いいね、押されたからって、迂闊になっちゃダメだ。

共同作業する場合は、作業あれこれの前提にコミュニケーションがあると思う。作業の成果を求めるなら、まずしっかり地盤をかためていかないと継続しないだろうね。

 

あれ??

「どうでもいいや」がスーっと心に入ってきて「よしやるぞ!」って勇気をもらえたよ、って話をしたかったこと。

それから今までにしたことがなかったから、勇気だして現場に行ってみたよ、面白かったよ、って話をしようと思ったのに、

コミュニケーション論展開してるww

でもわりと思ってること言えたと思うので

「冗談じゃないね」。

https://m.youtube.com/watch?v=OLdovsOgQ98

あざした!