veu point!

おもしろい!と思ったことをあれやこれや記事にしてみます!

参議院選挙 2016 市民意識

政治。
よくわからない、という印象。
人々の生活をより豊かにする為の活動?

社会保障費は膨らんでいる。
高齢者は増える、子どもは少ない。
高齢者をどのように支えてゆくか、という問題は仕事柄、身近に感じる。

財源。

よく、財源の確保が問題、と言われる。
もの凄くよく儲けている企業は税制の優遇を受けているらしい。応能負担、という観点で、そうした企業から適当な税金をきちんと徴収できれば、足りないと言っていた部分を補うことができるらしい。

戦争はしたくないし、しないでほしい。
戦争をしそうな雰囲気なら、牽制したい。
なんで戦争したがるの?
軍備需要で儲かる企業があるから?

平和ってなんだろう。
みんながみんな幸せ、って思える暮らしってなんだろう。個人の自由が尊重される社会?

自民党改憲草案には、個人の自由という表記がなくなっているんだって。
日本がまとまって動く必要の為、いざというときは個人の自由は制限されて、政府の言うとおりにしなくちゃいけない、っていうことらしい。

でもたしかに、みんながてんでばらばらのことを言って、その一つ一つに耳を傾けていたらキリがなくて。
国がまとまってその力を発揮させるために、どこかで一つに統一するような装置は必要なのかもしれない。
…と、口にするとすぐに、でもこんな考え方のせいで、国民は政府を制御不能にし、戦争に踏み切らせてしまったんだ、と思い直してもみる。

あれもこれも同時並行で、どれもそれぞれに大事な要件で、あっちをみてればこっちがグラグラし、こっちをみてればあっちがガタガタし、でもやっぱりどれも現在進行形で解決を必要としていることだから放っておくことはできなくて。

こんな方法はどう?
あんな方法はどう?

完璧な動き方なんて無くて、あるやり方には、必ずどこかに綻びがあって。。

「ひとまず、やってみましょう!」
「実際にやってみないと分からないことがある!」

自分の意見を育ててないもんだから、勢いのある人のことばになんとなく押し切られちゃったりして。

それでうまくいくときは、よくぞやってくれた!ありがたや、なんて思って、失敗した時は、なにしてくれてんねん、なんて憤ったりして。
一番勝手なのはどこの誰。

「冷ややかな政治は、ぼくたち有権者が冷ややかな目で政治家を見てきた結果なんじゃないか。その、謎の下から目線」という言葉を放ったスピーカーのことばが響いてきた。

よくわからないままでもいいや、と思ってた。
なるようになっちまえ、と諦めムードで政治というものを眺めてきた。

だけど、自分の意見が言えない、という状態は好ましいものではないな、と自分で自分のことを思う。

ちょっと思ったんだけど、政治への関わり方には日本人気質がほんとに関係してると思うんだ。
市民が立ち上がる、という経験がほんとにないんだ。
一般市民の権利というものは、戦前だろうが戦後だろうが全部、上から与えられてきたから。

おかみまかせ。

おれがやるよ!と言わない雰囲気。
失敗したら、それみたことか、って。
打たれ弱い。

市民が強くならにゃ、いかんのでしょうね。