veu point!

おもしろい!と思ったことをあれやこれや記事にしてみます!

問題自体より向き合い方

自分を肯定できると幸せだ。問題が全く無い状態が幸せなのではなくて、問題に向き合っている自分の姿を自分で認められるとき、心は健康であると思う。
問題はそこら中に転がっている。
自分の生活に身近な他者との人間関係、それからもっと広域で社会的な事項について自分がどのように接するべきかという問題がある。
答えを用意せずに放っておくことができる問題もあれば、答えに向かっていかなければ自分の生活が脅かされるような問題もある。

心地良い生活を送るためには、それらの問題について自分なりに納得できる答えを得る必要があるんだ。
それがうまくいかないとき、自分の中で不快感が広がり不安や焦りにとらわれるようになる。

問題、という言い方はどこか気を重くさせる。重い腰を上げなければならない、というような気分になる。似ている言葉でも、課題と言うともう少し能動性が加味される気がする。

あらゆるところに課題は転がっており、自動的に自分に絡みついてくる課題もあれば、あえて自分が課題として捉えているものもある。

それら一つ一つにどのような優先順位をつけて向き合っていくかは自分次第。
それは自分の自由。

大切なのは課題をクリアしている自分というよりも、次々に現れる課題にどのように向き合い、そしてその向き合い方に納得している自分がいるか、ということではないだろうか。